五百田達成さん/めんどうな人の動かし方

面倒な人

どこにでもいますね、めんどうな部長・・・

「瞬間沸騰パワー型」「無反応マイペース型」「建前優先ガンコ型」「理屈先行言い切り型」
あなたを悩ませているのは、どんなタイプの部長ですか?

私が困っている「めんどうな部長」は、「前例」「やまびこ」「おだてます」で処理します!

しかし、こんなことで悩んでいるのは、私も、あなたも影響力がないからです。

「権力」「実力」「魅力」もなく「影響力」もないあなた!
大丈夫です!普通はありません(笑う)

そんなあなたに朗報です。
影響力がないなら頭を使いましょう。
人を動かすのは技術です、簡単です、即効性があります。

自分の正義・プライドはさておき、まずは人を動かしてみる。
大事なことは決裁権者を動かすこと。

上司・部下・お客様・・・?
「めんどうな人」は全て部長と考え行動する。

誰にでも動かせる部長は誰かに任せておいて、動かすことが困難な部長にチャレンジしましょう。
これができれば、面白いくらい人を動かせます!

人生はゲームです。
この本は「めんどうな人」を動かすロールプレイングゲームのマニュアル本です。

私は「前例」「やまびこ」「おだてます」で、建前優先ガンコ型部長を籠絡します。

1.前例
そもそも、何で前例が必要なんだろう?
それは、前例があれば、部長の判断責任が軽減されるからです。

事実を見て今を判断できない部長はやめてもらった方がいいのですが、そうはいってもサラリーマン。
しかも、慎重に物事を進めるめる判断は会社にとって必要です。

一つ言えることは、この部長を口説かなければいけないということです。

そのためには、前例を無理やりにでも見つけるリサーチ力が重要です。
無ければ他業種からでも似たような事例を探してくる!
できれば「日経」等の影響力の高いメディアに掲載されているもの!

要は、探し出してきた事例に「権威」があると、保守的な人には良く刺さるというわけ。

建前優先頑ガンコ部長には前例作戦が効果的です。

2.やまびこ
提案しても動かない得意先の部長。
「あの件、どうですか?」と言っても、なしのつぶて。

こんな時は、周りを巻き込み味方につけて、その人を全方面から包囲して、説得の雨を降らせましょう。

部下や、他部署や、上の上司から「なんだか面白そうな提案が来てるみたいですね?」と集中砲火を浴びると、相手は観念して進めてくれるはずです。

「タッチポイント」
情報に接触する機会をいかに多く設計するかということ。

朝起きてニュースを見たら○○が紹介されていて、電車に乗ったら○○の広告が出ていて、出社してパソコンを見たら○○のバナー広告があり、友達と話していたら○○が凄くいいと言われたら、「○○買おうかな」ときっと思うはずです。
これも一種の「やまびこ作戦」

人になびかないことを偉いと勘違いしている「建前優先ガンコ型部長」は「やまびこ作戦」
四方八方からとことん責め立てる。
動いてくれたら、最大級の賛辞を!

3.オダテマス
誰でも、機嫌の良いときはイエスと言う確率が上がります。
反対に、機嫌の悪い時はノーと言う確率が上がります。

自分が部長だったら、イライラしているときに、面倒な話を持ってこられても困りますよね!
「今機嫌が悪いから後にしてくれる」なんて言えませんし・・・

つまり、

相手がなかなか動いてくれない根本には、単に「機嫌が悪い」「今はイライラしている」といったネガティブな感情が横たわっていることが多いのです。

理屈じゃなくて感情
相手の機嫌が悪いのなら、機嫌をよくしてあげればいい!

おだてるときのポイント3つ
1. あなただけ
2. ほめ殺す
3. 下手にでる

一度始めたほめ殺しは最後まで強引に押し切りましょう。
ほめ殺しの「さしすせそ作戦」
(さすが・知らなかった・すごい・せっかくなんで・そうなんですか?)

相手の気分を良くすることは日本の文化「おもてなし」です


by滝川クリステルさん

「プライド」と「人を動かす」を天秤に掛けましょう!
やってられないと思ったら、「お・も・て・な・し」を思い出し、心の中で手を合わせて唱えましょう。

お・だ・て・ま・す

自分にとって面倒な決裁権者をイメージして読むと、凄く面白い本です。

例えば、私は「建前優先ガンコ型」の決裁権者とすぐに対立します。
これは、私が新し物好きで、直球勝負で、ほめ下手だからです。

前例、探せばいいんです。
根回し、周りから攻めればいいんです。
おだてます、頑張ります。

やればいいんです。簡単です、即効性があります。
・・・なるほど。

ほめる、おだてる、明るい未来。
「自分」じゃなくて「相手」
答えは相手の中にある。

めんどうな相手を動かすためには、相手の気質をつかみ、相手の立場になって行動すること。
この50の法則に従い、ただ行動すれば笑っちゃうほど結果が出ます。

五百田さん、クロスメディアさん。
ありがとうございました。

人を「ほめる」と魅力的になる理由

元気1

何でW君といると心地いいんだろう?

その理由は褒め上手。

 

女性はもちろん、偏屈ジジイさえ笑顔にさせる褒め上手のW君に「褒め方の秘訣」を聞いてみた。

簡単です、相手のいいところを探して言葉にすればいいんです。

褒め言葉を素直に受け取る人は自分に自信がある人です。

元気1
by 123Network

そうでない人もいますよね、褒めても「そんなことないよ!」と謙遜しちゃう人。

そんな人には、単純に相手を評価するのではなく、「自分」がどういう影響を受けたのかを付け加えればいいんです。

そうすると、相手は文法上否定できなくなります・・・?

 

【EX】

桑原さんって本当に元気ですよね一緒にいると私も元気になります」

「いつも見ていますけど、佐藤さんは本当に段取りがいいですよね!全て事実を確認してから行動するから間違いがない。

今回のトラブル、私もまねして対応したのですが、綺麗に片付きました。本当にありがとうございます」

 

そんなことないよ」・・・と謙遜するには違和感があるでしょ。

相手のことを褒めているようでも、実は自分のことを話しているのだから、文法上否定できないのです。

 

こうすれば、謙遜も否定もされず、普通に褒めるより数倍も喜んでもらえます

これができれば、ほとんどの人を上手にほめられますよ。

ほめるって凄いんです。
相手が喜び、場が柔らかくなり、しかも自分にもメリットがあるんです・・・

 

心理学が大好きなW君は語り始めました。

話し合い
by mmmáté

「実は、人を褒めているふりをして自分を褒めているんです」

 

脳は主語を理解できないんです。

あなたは素晴らしい。

元気だ、楽しい、センスがある、気が利く、強い、人の気持ちがわかる・・・

 

と褒めるじゃないですか。

口に出して言葉にするじゃないですか。

 

脳は、「あなた」も「私」も区別がつかない。

ただ、素晴らしい、元気だ、楽しい、センスがある・・・

と理解するんです。

 

相手を褒めながら、自分が褒められているような錯覚に陥る。

毎日褒められれば自信がつく!

 

出会う人、出会う人、みんなを褒めていくと、実は、そのまま自分への褒め言葉となって帰ってくるんです。

 

自分に自信がつけば、やることなすこと上手くいく!

お金を掛けずに、相手を喜ばせて、しかも自信を持って生きていける。
そうすると毎日が楽しい。

だから「褒めること」はやめられません!

ステップ3 相手を褒めて「もう一人の自分」を騙す を読んでいたら気が付きました。

これは、W君のことだと・・・

こんなこと考えて実行していれば、魅力的になるわけだ。

魅力的は心地いい、いつも一緒にいたくなる。

私も真似しています。
最近、近所の年増のお姉さんに「髪切ったんですか、似合ってますよ!」と言ったら、「恥ずかしいけど、嬉しいわよ、もっと褒めてくれない」と言われました。

先は長いが方向性はあっているはず・・・

取り敢えず行動する。
魅力的になって、自由に生きていく。

千田琢哉さん/私たちの人生の目的は終わりなき成長である

ひまわり

「成功とは、成長の通過点に過ぎない。成功者は、成長者であり続ける人なのだ」
千田さんのフレーズは素敵です。つい購入してしまう。
今回は、若者視点でなく、管理職視点で読んでみました。

惰性で働いている40代の管理職諸君!
大事なことですが、つい忘れがち。
「感謝」「謝罪」「気使い」で大人のマナーを磨きましょう!

ひまわり
by peddhapati

1.感謝
「ありがとうございます」はちゃんと嬉しそうな表情でいう。
なぜなら、あなたの「ありがとう」の表情を周囲がもう一度見たいと思うようになるからだ。

A部長は本当に嬉しそうに「ありがとう」と言ってくれます。
表情が豊かで、この人にありがとうと言われると、つい本気で応援したくなるのです。

お礼に感情が加わるとグッと来ます。
しかも、立場が上の人から感情をこめて「ありがとう」と言われると、ググッときます。

「ありがとう」の反対は「あたりまえ」
やってもらって当たり前と考えると、感謝できません。

社員が給料分働くのは当たり前
店員は客の言うことを聞くのが当たり前
女房が子供の面倒を見るのは当たり前

当たり前視点の人は、他人に感謝しません。
「ありがとう」といっても、表情がありません。
こんな人に言われてもうれしくありません。

「ありがとう」は表情ありき、人間は感情で生きています。
いつ、どんな立場の時も心を込めて感謝する。

あなたの、どんな行動の、どんなところが良くて、どんなふうに感謝しているか。
ニッコニッコしながら「ありがとうと」言ってみる。

自分の方が立場が上の時ほど、心を込めた「ありがとう」
偉いんだもの、まずは相手を喜ばせましょう。
結果、相手が応援したくなります。

2.謝罪
「申し訳ございません」は心を込めて小さく&力強く
偉くなればわかることだが、地位が上がるにつれて、謝罪の機会は山のように増えていくのだ。

言い訳せずに、眼を見て相手の話を聞く。
経緯と改善を報告する。
心を込めて小さく&力強く「申し訳ございません」と言う。

これは、効果絶大です。

3.気遣い
気遣いとは、相手にリラックスしてもらうこと。
想像力を発揮して相手をリラックスさせることができれば、誰からもモテモテになるのだ。

偉くなると周りが気を使ってくれるようになります。
それが普通になります。
気遣いされないと不機嫌になる人っていますよね。

それじゃいけません。

相手に気遣いをする。
しかも、気遣いの押し売りではなく、相手が喜ぶ、相手に負担をかけない気遣いをする。

お客様が帰る際に、突然雨が降り始めたとする。
この時に「傘をお貸ししましょう」と申し出るのは気遣いではない。
お客様にとって、傘を返さなければならないことが精神的な負担になるからだ。
この場合は、「ビニール傘になりますけど、よろしければ差し上げます」
と言うのが正解。

地方で帰り際にお土産を渡してくれる人がいる。
自動車ででも来ていない限り、それは相手にとって荷物でしかない。
「お荷物になりますが…」と社交辞令を言うくらいなら、送って差し上げよう。

こんなにやってあげたから、相手は喜ぶだろう。
ではなく、自分が相手だったらどうされたいか?
これを本気で考える。
気遣いとは頭を使うということ。
つまり想像力を鍛えるということ。

これは、ほんのさわりの「基本」です。

当該書籍は、成功者に共通する思考・行動を「基本」「甘え」「準備」「投資」「時間」「貢献」「出会い」「未来」の8カテゴリー80個の具体例で教えてくれます。
20代の教科書になるだけでなく、30~40代の地図にもなります。
また、経営者の立場でいえば、自己との比較をするための鏡にもなるのです。

立場を変えて読んでも、多様な気付きがある役に立つ本です。

私は、「感謝」「謝罪」「気遣い」で大人のマナーを磨きます。

Continue reading →

人生を楽しむ秘訣は受け入れること

モンゴル1

ひょんなコトから飲み屋で知り合ったAさん。
彼は某大手百貨店のフロアーマネージャー
マネジメント(数字の詰め)と人材管理(癖のあるやつの使い方)で盛り上がりました。

GNN(義理・人情・浪花節)世代の二人は、外資系風の管理には馴染めません。
だから、苦労話が絶えません(笑う)

話しているうちに、少しずつ彼のことがわかってきました。
・関西在住の彼には妻子がいますが、社命により東京へ単身赴任していること。
・正義感が強く、理不尽な上司と喧嘩してしまうこと。
・奥様の許可を得て、先月モンゴルへ行ってきたこと。

エッ、40男が一人でモンゴル?
遊牧民/ノマドと言えば流行ってますが・・・

モンゴル1
by The Wandering Angel

ツアーじゃなくて、現地で宿とか探すんです。
1,000円もあれば泊まれます、ちょっと怖いけど。

英語とかしゃべれないけど、身振り手振りで何とかなるんです。
困っていると誰か助けてくれるんです。

モンゴルで子供に遊んでもらったんです。
その子は、おやつの代わりに草花を食べていました。
その子が、その草花を私に向けて「ハイ・あげる」と

ここが勝負どころ。
満面の笑みで、「ありがと」と言いながらパクリと食べる。
その子は、凄く笑顔になるんです。

飲み屋でオッチャンに絡まれました。
というか、日本人が珍しくておごってくれたんです。

スッゴイ強いウォッカ・・・アルヒ
一口飲んだらむせました(笑う)

オッチャンは透明なグラスになみなみ注ぎ、指で真ん中ぐらいを示し、
俺はここまで飲むから、後お前飲め、グビグビと。

渡されたら、しゃーない。飲みましたよ。
ゲラゲラ笑ってる、このおっちゃん。
こっちはフラフラですよ。
そうしたらもう一杯・・・
3杯つき合わされました。

本当に楽しそうに笑いながら去っていきました。

だまされるの覚悟で、受け入れてみないと海外は楽しめません。
一応、海外の田舎にしといてくださいよ!
本当に危険な場所はNGです(笑う)

なるほど、受け入れる。

歳をとると新しいことを受け入れるのが嫌になります。
というか、新しいことを受け入れられなくなったら歳を感じるのかもしれません。

歳というのは、30歳かもしれないし、40歳かもしれない、
一つ言えることは、何でも受け入れて行動すると、それが自分にとって楽しいのかどうかわかるということです。

客観的に評価するより、覚悟を決めて行動する。
結構うまくいくかもしれない、失敗してもいい経験。
笑い話になるはずです。

しかし、Aさんは母性本能をくすぐるタイプ。
話が面白く、一生懸命で、なんだか応援したくなる。
受け入れて、一緒になって行動するから、失敗しても許せる人なのかもしれません。

何もしないで失敗しない人よりも、行動して失敗しても許してもらえる人。

受け入れる・・・

Aさんと出会えてよかったです。

損得勘定ばっかり考えていないで、相手を受け入れる。

グローバルスタンダードって何だろう?/中間管理職の視点で考えてみた。

ワールド・ウォーZ/ブラッド・ピット主演
奥さんに勧められて観てみたら、はまってしまいました。

そもそも、何でゾンビが怖いんだろう・・・
考えました、死なない人が向かってきたら確かに怖い。

日本人が怖いのは幽霊です。
情緒がありますよね。
自分の心の中にある何かにおびえる。

欧米人が怖いのは、ゾンビ。
思考で遊ぶ間もなく襲ってくるなんて・・・

文化の違いですね。

自然を敬愛する日本人
自然を支配しようとする欧米人

観ていて感じたのは、現役と退役。
米は、どの立場にいる人も、現役でその立場で戦っています。

哀しいかな日本人は、中間管理職になった瞬間傍観者になってしまう人がいる。
欧米は、現役で戦っている瞬間が美しく、引退した瞬間さびしくなってしまう。

あくまで私の主観です。

グローバルスタンダード
よくわかりませんし、わかりたくもありません。

ただ一つ言えることは、現役の時は戦う。
現役を退いた瞬間さびしくなる。
これがグローバルスタンダード

だから、現役にこだわる。
現役とは、現場で戦える人。

書いていてもう一つ気付きました。
確かにゾンビに噛まれたら困ります。
想定外の不具合
しかも相手が嫌悪する行動をしてしまう。

自分の意識が残っているなら、「俺はこんなんじゃない」と思うはずです。
しかし、他人を自分と同じ目にあわせる行動をしてしまう。
自尊心があったら、絶対納得いきません。

いや違う、例えば病原菌のような自分の管理できないものに襲われることもある。
そこから自分でどうするか考え行動する。

自分の人生は自分のものである。
戦っていきましょう!

そんなメッセージなのかも・・・
…そんなことを考えながら見ていました。

小さくまとまっている場合ではありません。
グローバルスタンダードとは、「現役の時は戦う」という意味です。
チョット偉くなったからと言って、権力を武器にサボっていたらあっという間に落ちていくのがグローバル。

グローバルスタンダードとは、「自分の意志で生きていく」という意味です。
レールに乗って頑張ることは否定しませんが、自分の意志で決断し、自分の意志で進んでいく!
結果責任は自分が負う。

そう考えると、グローバルスタンダードは悪くないかもしれません。